マレーシアの驚きフルーツ「ブッダの手=セドラシトラス」と「ソラナム・ミンモスム」

マレーシアの驚きフルーツ「ブッダの手=セドラシトラス」「ソラナム・ミンモスム」

お祝い時期に市場に出回ります。世界の特定の地でも採れるよう

ですが、「SOLANUM Species」エッグプラントとも言われる

「ナス人形」みたいなものと「仏の百の手」のようなものについて

 






 この時期、お祝いのフルーツや飾り物が街で溢れる。ただ今年も

新コロ関係で経済が回らず、やはり出荷と消費が寂しい。

 

WuLou:とは?瓢箪(ひょうたん)の事で。箪(タン)は「入れ物」

の意味。色んな使い方があるようですが、乾燥させて薬や水など

入れるのがごく一般的。なので、中国では「命の恩人」という意味

合いもあるようです。旧正月には必ず登場するものです。

・・・「ひょっこり、ひょうたん島」が懐かしい響きだ。

 

 小さなカボチャ、オレンジ色のパンプキンです。

 パイナップルもお祝いに使う・・けど、この種類よりももっと

葉っぱと身が沢山付いて茂っている奴・・・え~と、、

あ、これこれ1本から小さく4~5個がくっ付いているパイナップル。

「ポメロ」はいつでもあるけど、この時期、スタンダードだね・・

 

これが、「ブッダハンド・セドラ・シトラス・レモン 」縁起のいい

果実として「ブッダの手=佛の手」と言われるもの・・

初めて見た時はホントに驚く。仏様の手のようだと言われるように

手が沢山、指先も沢山、指さしているように見えたり、包んでいる

ように見えたり、リアルだな・・心も、リニューアルだ。

 

それぞれの1個1個の形が違うところに、不思議さを感じる。食べら

れるけど、新年やお祝い時に出回る果実でプレゼント用が多いかも

これは多分「クロッカス球根」?「ヒヤシンス球根栽培」かな?

こういう竹も、この竹を組み立てて盆栽のように仕上げたもの有る

この時期、ネコヤナギもある。これは日本でもあるので懐かしい。

もう一つの「不思議な果実」・・「ソラナム」です。

 

「変わったヒョウタン型のお祝い物」マレーシアで、チャイニーズ

ニューイヤーCNYには季節ものとして登場する、TTDIマーケットで

 

・・「ソラナム・ミンモスム」で、別名は、

 

「牛のオッパイ」「乳首フルーツ」「ソドムのリンゴ」「ティティ

 

フルーツ」「牛のウッダー」「スーパーデューパーティフルーツ」

 

フォックスフェイス」「ファイブフィンガーナス」とも言われる。

 

 

南アメリカ原産で、メキシコ、カリブ海でも。毒を持つ果物らしい。

 

CNYなどで出回る、丸いけどその指は家族の長寿を意味するらしい。

 

多分マレーシアは中国からの輸入だと思う。日本でも「キツネの顔」

 

フォックスフェイスと言われている・・・・

 

熟してない時は野菜として食べられるけど果実になると有毒となる

 

らしい。でもフィリピンでは、果物が食べられるだけでなく、葉も

 

お茶として煎じることもあって、でも軽度の麻薬でもあるらしい。

 

マレーシアではKLをはじめ、マラッカやピナンの方の街で見かける

 

事が多いかも。

 

 

マレーシアでの不思議な、お祝い時期の飾りフルーツのお話でした。